防蟻 ホウ酸防蟻




「ホウ酸処理」はマイホームを“長生き”させる世界の常識


アメリカの住宅の平均寿命は84年で、日本は30年。
工法や環境が似ているのに、なぜこんなに違うのでしょうか?

その答えは、住宅に使われる木材にホウ酸処理がされているかいないか。その違いです。

ホウ酸の防蟻剤は、①安全で、②効果が低下しない防蟻剤です。
木部用として、1950年ごろから世界的に当たり前に使われています。
イエシロアリとアメリカカンザイシロアリが猛威をふるう米・ハワイ州では、全構造材に防蟻処理が義務付けられており、
そのほとんどがホウ酸で処理されています。 一方、米国では既に木部への予防的利用は禁止となっているにも関わらず、
わが国では当たり前に使われている薬剤は「合成殺虫剤」、いわゆる農薬です。
この合成殺虫剤(農薬)の、健康被害と早期分解が問題視されています




笠原がお勧めするホウ酸処理防蟻工事は、このようなメリットがあります。


1. 「安全性」

ホウ酸塩は非揮発性で空気を汚しません。  
床下の空気を循環させる工法にも安心してご利用いただけます。
ホウ酸塩自体安全性が高いので人体やペットにも安全です。

 

私たち身近にあるホウ酸は「安全な天然物」

ホウ酸は米・カリフォルニア州や西トルコの鉱脈で採掘される「ホウ酸塩鉱物」を精製して作られます。ホウ酸は鉱脈のほかにも、海水、淡水、岩石、すべての植物、土壌などに存在する「天然物」です。また植物にとってホウ酸は必須栄養素です。特に野菜や果実の生育には欠かせません。

「ホウ酸」と聞くと、ゴキブリのホウ酸団子を思い出して「もしかして人体やペットにも有害?」と疑問を抱く方もいらっしゃると思いますが、実は、ホウ酸は代謝や骨の健康、脳の機能への面で、私たちの健康にとても重要なものなのです。
普段、成人は水や食事から一日1-3mgのホウ素を摂取していて、最近ではホウ素不足を補うためのサプリメントも販売されているくらいです。ですから人やペットには全く安全といえます。
ホウ酸団子は 『哺乳動物に安全で、哺乳動物以外には厳しく作用する』というホウ酸の性質を利用した活用法だったのです。


鉱物由来のホウ酸は、揮発することがない(非揮発性)ので室内の空気を汚しません。
人やペットに安全ですので、床下空気循環工法にも使用できます。

 

2. 「持続性」

ホウ酸塩は分解されないので、効果が減衰することがありません。  
再処理ができない壁体内等の処理には必須です。


分解しないから効果は「半永久的」
ホウ酸は分解することがありません。
そのため、効果は半永久的に持続します。
一方、日本でシロアリ駆除に主に使用されてきた「合成殺虫剤(農薬)」は、
揮発・分解し、5年前後で消滅するので、再処理が必要となりますが、
あとから再処理のできない壁の中の柱などは、
効果が消滅した後は無処理と同じ状態に戻ります。
効果が半永久的に持続するホウ酸処理は、
効果においてもコストの面でも、唯一無比なマテリアルであることが実証されています。

 




[ 日本ボレイト 「ボロンdeガード防蟻」Movie ]





横浜・鎌倉・湘南で自然素材の注文住宅を建てる私たち笠原工務店は、横浜市を中心に横須賀市、川崎市、三浦市、鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、葉山町エリアにおいて、創業大正14年から培ってきた“技術力” “計画力” “実行力”を駆使して、「家族そろって素足で暮らしたくなる健康で快適な住まいづくり」をモットーに「家縁(ごえん)」を大切に考え、地元に貢献する事を心がける工務店です。

〒233-0007 横浜市港南区大久保1-15-20  TEL:045-842-6603  フリーダイヤル:0120-84-6603  E-MAIL:info@kasahara-koumuten.co.jp
施工エリア:横浜市 横須賀市 鎌倉市 藤沢市 茅ヶ崎市 川崎市 大船 葉山町 辻堂 三浦 大和 その他周辺地域もご相談承ります。