リフォーム

フルリフォーム A様邸

[設計コンセプト]
築60年の二階建て(お神楽)から平屋へ減築・改装し、

新築当時の面影をそのまま生かして設計しました。

After

平屋へ減築後の屋根材は瓦からガルバニウム鋼板(立平葺き)へ葺き替えました。外壁はガルバニウム鋼板(波板鉄板張り)へ改修しました。

 
After
玄関下屋の形状を切妻から片流れへ改修しました。屋根材は本屋根と同じガルバニウム鋼板です。

Before


 

 

 

 

Before
 
After

既存の台所側を収納スペースとするため、室内への動線を6帖和室へそのまま入れるように計画変更しました。玄関側からの明かりを取り入れるため、建具は太鼓張り障子としました。2階へ上がる階段開口部は平屋へ改修のため解体後に壁を新設しました。

Before

After

昔からの面影をそのままに、断熱性能を上げるため木製建具の上に雨戸付アルミサッシを取付けました。


After

既存の丸太梁と欄間窓(ランマ窓)、木製建具を生かして設計しました。床:桧無垢板 壁:珪藻土 天井:杉板材。

After







Before

 


After

壁:珪藻土 天井:杉板材。既存の欄間はそのままに、古い柱と梁の木部は木の色や質感、木目を生かした自然な仕上げ「灰汁洗い」をしました。

Before

 


After

施主のご要望により押入と床の間の間取りを入れ替えてリフォームしました。押入の上部へエアコンを新設しました。

 


After

ダイニングキッチンへ安定した明かりが取れるよう天窓(トップライト)を計画し、昼間ほとんどの時間帯で一定の自然光を得ることができるようにしました。床:桧無垢材 壁:珪藻土 天井:土佐和紙


Before




After

お茶のお教室を始められるとのことで、既存押入を水屋へ改修の計画を進めていましたが、お打合せを重ねている中で水回りのお手入れをカンタンにしたいとのご要望でシステムキッチンカウンターを採用しました。木製の勝手口ドアをアルミ製の採風勝手口ドアへ改修しました。床:桧無垢材 壁:珪藻土 天井:土佐和紙



Before


 

横浜・鎌倉・湘南で自然素材の注文住宅を建てる私たち笠原工務店は、横浜市を中心に横須賀市、川崎市、三浦市、鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、葉山町エリアにおいて、創業大正14年から培ってきた“技術力” “計画力” “実行力”を駆使して、「家族そろって素足で暮らしたくなる健康で快適な住まいづくり」をモットーに「家縁(ごえん)」を大切に考え、地元に貢献する事を心がける工務店です。

〒233-0007 横浜市港南区大久保1-15-20  TEL:045-842-6603  フリーダイヤル:0120-84-6603  E-MAIL:info@kasahara-koumuten.co.jp
施工エリア:横浜市 横須賀市 鎌倉市 藤沢市 茅ヶ崎市 川崎市 大船 葉山町 辻堂 三浦 大和 その他周辺地域もご相談承ります。