健康に配慮した家づくりとは



近年、シックハウス症候群と呼ばれているアレルギー症を発症するひとが増えているようです。
シックハウス症候群とは、どんな症状おきるのでしょうか?

・目や鼻、のどの粘膜がチクチクする。
・皮膚に紅班、じんましん、しっしんができる。
・頭痛や、めまい、吐き気をもよおす。
・息がつまる感じや、気道がぜいぜい音をだす。
・疲れやすくなった、いろいろな刺激に過敏に反応するようになった。 等、

個人差もありますが、このような症状がおきると言われています。


シックハウス症候群の原因は様々なケースと化学物質との関係があります。

原因
化学物質
ビニールクロスや複合フローリングに含まれる
接着剤や塗料
ホルムアルデヒド・トルエン・キシレン・エチルベンゼン・アセトアルデヒド
防蟻材、防虫剤、断熱材、断熱畳 パラジクロロベンゼン・スチレン・アセトアルデヒド
・芳香剤、洗剤、柔軟剤、洋服(染料) パラジクロロベンゼン・アセトアルデヒド
・持ち込み家具(タンス、テーブル等)に含まれる接着剤や塗料 ホルムアルデヒド・トルエン・キシレン・エチルベンゼン・アセトアルデヒド
・換気不良の状態でのガス及び石油ストーブの使用 トルエン・キシレン・エチルベンゼン
・掃除がされていないエアコン、空気清浄器の使用 パラジクロロベンゼン・スチレン・アセトアルデヒド
・高気密な室内(換気不良の場合) 発生した化学物質の濃度を高めます



表にあげた例の中で家づくりで気を付けなければならない事は、上の2項目です。
室内環境に影響のある、仕上げ材(内装材)、防蟻材、断熱材に自然素材や天然鉱物を使用する事で、
化学物質の発生源を減らす事が重要です。


他の5項目は住む人が気を付けなければ、いけない事になります。
化学物質の多くは持込み家具や生活(洗濯、清掃)の中で発生しています。
これを閉めきった高気密な室内に充満させ、濃度を上げると、健康を害する数値になってしまいます。
したがって、しっかり換気を行う事が重要になります。
当社では、自然素材を使うだけではなく、
設計時に自然換気計画と機械換気計画の2通りを考えた設計を行います。

笠原工務店 お家の疑問スッキリ!相談室開設中



横浜・鎌倉・湘南で自然素材の注文住宅を建てる私たち笠原工務店は、横浜市を中心に横須賀市、川崎市、三浦市、鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、葉山町エリアにおいて、創業大正14年から培ってきた“技術力” “計画力” “実行力”を駆使して、「家族そろって素足で暮らしたくなる健康で快適な住まいづくり」をモットーに「家縁(ごえん)」を大切に考え、地元に貢献する事を心がける工務店です。

〒233-0007 横浜市港南区大久保1-15-20  TEL:045-842-6603  フリーダイヤル:0120-84-6603  E-MAIL:info@kasahara-koumuten.co.jp
施工エリア:横浜市 横須賀市 鎌倉市 藤沢市 茅ヶ崎市 川崎市 大船 葉山町 辻堂 三浦 大和 その他周辺地域もご相談承ります。