2030年に向けた
共同住宅の設計理念

 

 

これから超高齢化社会に向っていきます。
ますますの少子化と人口の減少に向かいます。
人口の減少化にともない、住宅と住居のストックが増えていきます。

「隣に誰が、どんな人が住んでいるのか分からない」
「あいさつもしないくらい会わない」
など、現在は無関心、無関係が当たり前になっています。

しかし、1995年の阪神淡路大震災、2004年の新潟県中越大地震、
そして2011年に発生した東日本大震災と、大きな災害を経験し、
災害時に一番ありがたいと感じたのは人とのつながりだったと
誰しもが口にしています。
モノでなく、こころの大切さ、
人とのつながりが大事と気づきはじめました。

これからまちづくり(共同住宅)は、人とのふれあいが大切だと感じます。
ゆるやかなコミュニティを創りだせる仕組みをもたせた、
核となるものを内包した共同住宅。
人とのつながりを感じることができる共有空間の創出。

そして、各年代と家族構成に対応する住居形態の多様性、
不特定の入居者はもとより、
芸術などモノ創りにかかわる特定の人たちに対する魅力ある住居づくり。

株式会社笠原工務店が提案する、2030年に向けた共同住宅とは、
『居住者どうしがゆるやかにつながる仕組みを持つ共同住宅』です。

 

 

 

 

 

 

 

笠原工務店 お家の疑問スッキリ!相談室開設中

横浜・鎌倉・湘南で自然素材の注文住宅を建てる私たち笠原工務店は、横浜市を中心に横須賀市、川崎市、三浦市、鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、葉山町エリアにおいて、創業大正14年から培ってきた“技術力” “計画力” “実行力”を駆使して、「家族そろって素足で暮らしたくなる健康で快適な住まいづくり」をモットーに「家縁(ごえん)」を大切に考え、地元に貢献する事を心がける工務店です。

〒233-0007 横浜市港南区大久保1-15-20  TEL:045-842-6603  フリーダイヤル:0120-84-6603  E-MAIL:info@kasahara-koumuten.co.jp
施工エリア:横浜市 横須賀市 鎌倉市 藤沢市 茅ヶ崎市 川崎市 大船 葉山町 辻堂 三浦 大和 その他周辺地域もご相談承ります。