家づくりは、1年以上をかけて取り組む一大イベント。
本格的な家づくりをスタートさせる前に、まずは大まかなプロセスやお金の流れを把握しておきたいもの。
笠原ではこのようなプロセスで家づくりを進めています。


お客様との出会い ご希望・ご予算お伺い 敷地調査 プランニング お見積り提示 建築確認申請 ご契約 地鎮祭・着工 上棟 中間検査・立会い 竣工・検査 お引越し アフターメンテナンス



お客様との出会い
お客様にとって、一緒に家づくりを進めていく会社選びは、理想の家を完成させる“パートナー選び”です。お客様と一緒にマイホームづくりをお手伝いする気持ちを大切にし、コミュニケーションの調和をはかっております。 まずは担当者よりしっかりとお客様の家づくりに対する想いを聞かせていただきます。
 
ご希望・ご予算お伺い

家づくりには大きなお金が必要です。どこにどれだけかかるのか、いくら払えるのか、さらにローンのことも理解して、無理のない資金計画が必要です。自己資金・返済額から家づくりの総予算を算出し、諸費用・付帯工事・建築工事費をご提案します。お住まいのご希望・暮らし方のイメージをお伺いします。

 
敷地調査
土地を購入する前に権利関係や法規制など土地に関する調査をすることを敷地調査といいます。 現地を見学して物件が気に入った場合、購入の検討を始めますが、その際には、その土地に建てたい住宅が建てられるかどうかを広告の図面や物件概要だけでなく、様々な事項について確認する必要があるため、建築地を測量し周辺状況や設備状況を把握します。法的規制も調査しご報告します。
 
プランニング
都市計画や建築プランなどで、関連のある機能や用途をまとめていくつかのゾーンに分け、それぞれに必要な空間の大きさを考慮し、相互の関係を考え、位置関係を決める作業「ゾーニング」を行います。住宅のプランニングにとっても、建物の配置や間取りなどの大まかな計画を立てるうえで欠かせない作業と言われており、例えば、家族全員や来客などが利用する空間をプライベートゾーンなどとし、各空間の適切な配置を考える作業のことです。このときに敷地調査で読み取ったことを通風・採光・眺望に織り込みます。

お客様のパートナーとなる担当の専任設計スタッフと間取り・仕様についてお打合せ致します。お客様の「ここはこうしたい、あれはああしたい」という想いを具現化し、大切な家族の暮らしを守るお住まいの設計をし、進行状況も把握してまいります。どんなことでもご相談下さい。
 
お見積提示
お打合せ内容に基づいた仕様書・お見積書をご提示、ご契約内容をご確認いただきます。ここまでのお見積りは無料です。
 
建築確認申請  
ご契約
いよいよご契約。お打合せ内容に基づいた仕様書・お見積書をご提示、ご契約内容をご確認いただきます。
 
地鎮祭・着工
安全祈願・近隣あいさつをし、工事の開始です。
 
上陳
上棟とは、屋根の一番上の部材である棟木を取り付ける(上げる)ことです。この作業を終えた日に、上棟式という儀式を行うことも多いです。建物の骨組みが見え、マイホームの形が見えてきます。

[ 基礎工事過程では下記の検査を実施します ]

■配筋検査
■コンクリート強度検査

 
中間検査・立会い
中間検査を実施します。
社内検査、役所・第三者機関の検査を受けます。

[ 中間検査では下記の検査を実施します ]
■構造金物検査
■防水(雨仕舞)検査
■内装下地検査
■仕上げ検査

 
竣工・検査
工事が完成する事を竣工(しゅんこう)といいます。
お引き渡し前の確認をしていただきます。
 
お引越し
夢のマイホームの完成です。
さあ、いよいよ家族の新しいお家へ!
 
アフターメンテナンス

定期的に点検にお伺い致します。