近年、日本では人口の減少、高齢化に伴い、建屋が余ってきています。
また、新築をする場合、既存の建屋を解体して新築を建てる「建替え」が多く、
解体により多くの廃材と二酸化炭素を排出してしまいます。

そうした事を受けて、国や市は『既存の建物を長寿命化して安心して永く住んでもらおう』と考え始め、
新築工事向けの補助金を減らし、代わりに
耐震改修工事補助金、長期優良住宅化リフォーム事業補助金、横浜市省エネ改修補助制度などの
さまざまなリフォーム向けの補助金へシフトするようになっています。

今後、新築工事を行う場合には、
【低炭素住宅】(2020年より施行)のように高断熱化、室内設備、家電の省エネ化を求められるようになります。
つまり新築をすると、家電製品の買換えや太陽光等の自然エネルギーを造る設備を設ける等の

対応が必須となったりするので、新築のコストが高騰する可能性は十分予想されます。
こうしたことから新築ではなく、構造変更を伴った改修工事の需要がこれまで以上に増える事は必至と考えられています。


ここで注意しなければならない事は、
新築工事と違い、改修工事では、既存住宅の工法(木軸、2’×4’、鉄骨造等)によって施工方法が変わったり、
構造体の腐敗等による補強方法の選定、既存構造体の耐震補強等を伴う
ため、
技術的にも新築工事より難しい面が多くあるという点です。

見た目をキレイにするだけであれば、誰が工事をしても同じかと思いますが、

実は隠れた所に問題の多くがあるのです。

これを隠さずにしっかり補ってこそ『価値を高める改修工事』だと考えます。

笠原工務店では、改修工事のお客さまにも、
将来の皆さまの「家守り」としての自覚を持ち、家づくりに取り組んで参りたいと考えています。





 

笠原工務店 お家の疑問スッキリ!相談室開設中

 

横浜・鎌倉・湘南で自然素材の注文住宅を建てる私たち笠原工務店は、横浜市を中心に横須賀市、川崎市、三浦市、鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、葉山町エリアにおいて、創業大正14年から培ってきた“技術力” “計画力” “実行力”を駆使して、「家族そろって素足で暮らしたくなる健康で快適な住まいづくり」をモットーに「家縁(ごえん)」を大切に考え、地元に貢献する事を心がける工務店です。

〒233-0007 横浜市港南区大久保1-15-20  TEL:045-842-6603  フリーダイヤル:0120-84-6603  E-MAIL:info@kasahara-koumuten.co.jp
施工エリア:横浜市 横須賀市 鎌倉市 藤沢市 茅ヶ崎市 川崎市 大船 葉山町 辻堂 三浦 大和 その他周辺地域もご相談承ります。