怒涛の申請業務

ここ数ヶ月、建築予定の事務所併用住宅の申請業務でてんてこまいでした。

 

いつもは2階建ての専用住宅がメインで、

確認申請用に作成する図面もそんなに無いですが、

今回は3階建てでボリュームのある建物で、天空率や日影での検討があったり。

平行して、低炭素住宅の申請、ゼロエネ住宅の申請、BELSの申請・・・

 

初めての事も多く、同じような内容の低炭素住宅とBELSで、

作成する図面や計算書は同じでも、添付する設備の性能証明書類が違ったりとか。

いろいろバタバタしたりもしましたが、とにかく無事全ての申請が終わり、

そろそろ下りてきます。

 

ホッと一息です。

 

雨宮

 

 

 

カテゴリー: 新築 | コメントする

カルイザワへイッテキマシタ

先週末、建築を観に軽井沢に一泊で出かけてきました。

初めての軽井沢。

高級避暑地というイメージからちょっと敬遠していたところがありました・・・・・

(マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏の別荘もあるとか・・・)

 

だいぶ前から計画していたのですが、軽井沢サミットとおりしもバッティング。

警官が大勢警備にあたっていましたが、特に支障はありませんでした。

 

さて、旧三笠宮邸から始まり、A・レーモンドの聖パウロカトリック教会、軽井沢タリアセン内に移築されたA・レーモンドのアトリエ兼別荘の「夏の家」、ヴォーリズ建築、その他いろいろ駆け足で回りました。

A・レーモンドは、吉村順三さんの師匠です。

吉村順三さんは、自然素材を取りいれた和風なモダン建築を設計や施工をしている

方たちに強い影響を与えている巨匠です。(私の師匠は対極にいました)

 

私もレーモンド建築が好きなので聖パウロ教会は観たい建築でした。

夏の家は、移築後の外壁のペイントに首をかしげてしまいますが、

建築構成の斬新さはそのままです。

この夏の家、ル・コルビジュエの計画案バタフライルーフのエラズリス邸を盗用した?などの

いわくの建築です。

昔の写真では草屋根になっていましたが、もちろん今は違います。

しかし、雨が多い日本で、また雪も降るこの地域で、よくV字形の屋根にしたなぁと

感心してしまいました。

いずれも高気密高断熱からはほど遠い(そんな考えはなかった)建物です。

しかし、建築のダイナミックさや精神性をすごく感じることができます・・・・

 

さて、宿は上田市別所温泉にある旅館花屋さんにお世話になりました。

この建物も文化財指定で、100年以上前の宮大工が建てた純日本建築です。

やっと子供たちも育ちあがったので泊まることができます。(笑)

(昔は折角ならと奈良ホテル旧館などのようなところに宿泊してきました)

この花屋さんの各棟を繋ぐ吹きさらしの渡り廊下は体験する価値はありますよ。

 

翌日は、別所温泉から近くにある戦没画学生慰霊美術館「無言館」へ行きました。

自分の子供と同じくらいの年齢で戦死せねばならなかった方々の魂がこもった絵を観て、

心が震えました。

篠突く雨と打ち放しコンクリートの建物が、心のチューニングを変えたかもしれまんせん。

長野県上田に行かれる機会がある方は、是非、行ってみてはいかがでしょうか?

 

あっそれから、旧三笠宮邸で騒がしいほどの蝉の声!

受付の係の方に尋ねたら、「このあたりで春に鳴くエゾハルゼミですよ」と教えて

くださいました。この時期にしか聴けないとのことでとてもラッキーでした!

さて、次はどこにいこうかなぁ・・・

設計/高橋

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

中間検査

現在工事中の大熊町の中間検査がありました。

 

検査の時間は決まっているのですが、ほぼ100%早く検査員の方がいらっしゃいます。

いつも早めに行くのですが、大体もう来ていて、検査が始まっており、

検査開始予定時間には検査終了なんて事は良くあります。

 

今回は予定時間より30分は前に着き、さすがにまだいらっしゃってませんでした。

ちょっと「勝ちっ!」って気分。

 

でも暫くすると検査員の方到着。

「しっかりボルトも締まって、きちんとしていますね」との言葉をいただき、

中間検査合格です。

 

雨宮

 

 

カテゴリー: 新築 | コメントする

トクベツナレンキュウ

1日に新天皇が即位され、新元号『令和』がスタートしましたね。

なので、翌日、皇室にも縁(ゆかり)のある千葉県香取市にあります香取神宮に

参拝に行ってきました。

香取神宮は、私が学んでいる天真正伝香取神道流にも深い縁があり、

境内には開祖剣聖飯笹長威斎(いいざさちょういさい)の墓があります。

(武の道を志す方が結構きていらっしゃるようです)

 

前日即位の日には、御朱印をもとめて明治神宮では10時間も並んで待った!などという

ニュースが流れていたので混雑は覚悟して行きました。

案の定100台の駐車場は満杯で並んで順番を待ちました。

しばらく待ってさてご挨拶へ。

大鳥居前で拝礼し表参道を登って行きます。

しかし楼門から拝殿までこれまた大勢のひとが順番待ち・・・・・

これまた並んでの感謝の御礼参拝。

(結構な人たちが本殿正面から平気でスマホで写真を撮っているのには驚いたなぁ・・・・)

その後、飯笹長威斎の墓に参って帰ってきました。

 

天気もよく、境内の空気は清々しく新緑もきれいで、

御神木の巨大な杉が神々しいとても素晴らしい神域でした。

 

連休も終わり気分も新たにさぁ仕事に取り掛かりましょう~

設計/高橋

カテゴリー: 未分類 | コメントする

25年越しの縁

最近ちょっとびっくりすることがありました。

 

旧知のテニス仲間からLINEで写真が送られてきて、

その写真に写っている人物が私に似ているけど違うよね?というもの。

 

なんと!その写真は25年前、某国に一人旅をした時のもので、

現地で知り合った人たちと撮った写真でした。

その写真に写っている人の一人が、写真を送ってきた友人の20年来の知人で、

最近写真を見せてもらうことがあり、ビックリして確認してきたとの事。

 

 

なんか・・・

 

こんな事があるなんてと不思議な気持ちで一杯。

だってその人は、名前も知らない、顔も忘れてる、でも時々思い出す人。

当時の私の考えを改めるきっかけになった人。

 

25年経ってつながった縁にビックリです。

 

雨宮

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

シャタイカンカクガスゴイ

通勤中のバス車窓からいつ見てもすごいなぁと感心してしまう光景があります。

 

それは小さな自動車整備会社に駐車してある車なのですが、

停めてある場所(ポジション)がすごいのです!

 

建物と広告用の鉄柱との間に普通乗用車がスッポリと納まっているのです。

建物と鉄柱の間隔は5mを少し超えるくらいでしょうか・・・・・・

その前面にある鉄柱は車幅の中央にきています。

もうこれでもかというくらいど真ん中にきています(笑)

 

きっとそこに駐車をしている整備士の方はソコにこだわっているのかも・・・・

たぶんそうですね・・・・

 

停まっている車も違っているのでお客様からの預かりものかもしれません。

すごいテクニック、プライド?意地?を感じてしまいます。

私がやったら傷だらけになっていらぬ費用がかかりますよ。絶対に(笑)

少しずつ小刻みに前後に動き、ハンドルを切り替えしその場所に入れるんでしょう。

たぶん気持ちがいいんでしょうね。

 

身体の延長線上に車体がある、そんな感覚なのではないかと思いました。

設計/高橋

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

お引渡し

着工してから7ヶ月。

丁寧に造り上げてきたK様邸のお引渡しをさせていただきました。

 

現場見学会開催の時にはまだ付いていなかった、

こだわりのステンドグラスも付き、

建築写真も撮ってもらい、満を持してのお引渡し。

ホント、良い家なんです。

K様にもとても喜んでいただけており、嬉しい限りです。

これからも末永くよろしくお願いいたします。

 

雨宮

 

カテゴリー: 新築 | コメントする

ソウゾウリョク

今週、毎年1月に行っております安全大会を開催いたしました。

各協力業者、メーカー、商社の方々多数参加いただきました。

ありがとうございました。

 

基調講演は『ヒューマンエラー対策』~災害ゼロを実現するためには~と題し、

MS&ADインターリスク総研(株)の近藤先生に行っていただきました。

労働災害の現状やどんなことが発生源で未然防ぐための手立てや取組についてなど、

分かりやすくお話しいただき大変勉強になりました。

 

労働災害はおもに現場で働く職人さんや監督さんがメインとなります。

ヒューマンエラー(人的ミス)は物を作っている作業現場のみに起こることではなく、

設計においても安易にとらえて考えが及んでいないことが、完成後、

利用者にとって危険なことや不便さによる不満が起こります。

それを起こさないために深く考え考えます。

何かモヤモヤする部分があれば、それは解決することが潜んでいると

経験上確信しています。

 

とかく建築の設計は『創造力』が全面に出てきますが、

これをすることによってどんなことが起こるかという『想像力』が、

良い建築を作る上では欠かせない力だと思います。

 

創造力は、芸術的才能で天性のもですが、

想像力は、教育的指導で誰でも獲得ができるものです。

想像する力とは、相手を思いやることだと思います。

 

何事も経験が必要ですが、ヒューマンエラーによる事故は

経験したくないですね。

 

設計/高橋

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

新年明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。

昨年は忙しさにかまけてBlogの更新が滞ってしまい反省。今年は頑張ります!

 

さて、現在戸塚区にて新築工事中の現場で、

お施主様がご用意された素敵なタイルが貼られました。

 

見ているとついつい顔がほころんでしまう、そんな優しくて愛嬌のあるタイルです。

他に2ヶ所、お手洗いにも貼ってあります。

こちらの写真はないのですが、これもまた素敵なタイルなんです。

 

そろそろ完成予定のこちらの現場。

完成見学会やりますので是非見にいらしてください。

 

雨宮

 

 

カテゴリー: 新築 | コメントする

ビジュツカンヘイコウ!

昨日、神奈川県立近代美術館の葉山館に

『アルヴァ・アアルト━もうひとつの自然』展を観に行ってきました。

 

アルヴァ・アアルトは、フィンランド出身の近代建築界の巨匠の1人です。

30年近く前、GA(東京ブックセンター)から出版された作品集全3巻を

穴のあくほどながめていました・・・・・・・

私の大好きな建築家の1人です。

 

会場には、手書きの図面やドローイングに模型、家具や照明器具などが展示されていました。

模型が置かれた展示台の引出を引き出すと関連のドローイングを観ることができたり、

映像が流れていたりと、なかなか工夫されたインスタレーションでした。

(若かりし頃のように血がたぎりましたよ・笑)

 

期間は11月25日(日)まで、ご興味がある方は是非ご覧いただくとよいと思います。

設計/高橋

カテゴリー: 未分類 | コメントする